cheryl’s blog

diary album

クマコワイ

f:id:cheril3:20160621163639j:plain

連日の熊報道

恐い・・・熊恐い・・・
捕食やめて~私は美味しくないよ~

遂には夢でうなされるまで不安が膨れ上がり、
熊スプレーを購入してみた
カプサイシン効果で熊を撃退するらしい
試せないので効果は未確認だけれど、グリズリーにも使用しているくらいだからツキノワグマなら効果抜群のはず

多分・・・

f:id:cheril3:20160621164123j:plain
こんな写真を撮影中、実はそばに熊がいたかも

今まで登山中に、実はそばに熊がいたかも

恐いよ~

星空の比較明合成写真を作成してみた

 

f:id:cheril3:20160603152527j:plain

カメラ教室で星空撮影の勉強をしたので、早速練習してみたよ~

初比較明合成のため、出来栄えはよろしくないのですが。。。

動いてないのが混じっているので、ファイル選択を誤ってますね~←翌日修正しました

修正版

f:id:cheril3:20160604144419j:plain

 

 

さすが岐阜県。自宅から40分も走れば、満天の星空にたどり着きます

暗いから景色なんて何でもいーね。と思っていたのが甘くて・・・

不幸にも撮影中に車が通り、バッチリと映し出されてしまいました

こんな時は、明るくなった一枚を補正してから使用するとよかですよ

今回は面倒なのでそのまま使用(横着)

 

忘れないように・・・

準備するもの

三脚

カメラとソフトフィルター

タイマー付きレリーズ

電子ヒーター

マスキングテープなど

予備のバッテリー

撮影方法

MFでピントをあわせてスタビライザーOFFに
WBなどAUTOのままだと途中で設定が変わるのでセットしておく

Mモードで程よく撮影できた1枚にあわせてレリーズのタイマーをセット

レンズの下側に結露防止の電子ヒーターを付ける

最初に真っ暗な1枚(ノイズ低減用)を撮影したら、あとはタイマーでひたすら撮影するだけ

 

待つこと30分から1時間

車の中で鼻歌を歌って待っている ららら無人君~

 

・・・・・・・・・・・・・・退屈・・・・・・怖いし

ぼーっと星空を眺めていると流れ星が!

 

次の日は、北極星を真ん中にしてやりすぎバージョンも作成してみました

 これはウケる。カメラ教室での発表用に決定

お題:ペロペロキャンディ(会社の先輩命名)

f:id:cheril3:20160603154603j:plain

さらにレタッチ。ちょっと鮮やか?

f:id:cheril3:20160604144809j:plain

 なんとなくコツは掴めた気がする

次回は前景にもこだわってみよう!

 

撮影中に蛍がふわふわしていたのでついでに撮影して

 5枚ほど合成してみました

次回はもっと丁寧に蛍をとってみよう!

f:id:cheril3:20160603175225j:plain

 

うっすら流れ星☆彡わかるかな?

1時間20分ほど撮り続けた中に、5回流れてました~

f:id:cheril3:20160603154855j:plain

 登山の時に、またやってみよう(o・・o)/

 

さっきからやってみようばっかり

 

ちなみに自宅付近では星が寂しい感じ

f:id:cheril3:20160603175104j:plain

新緑の田立の滝でマイナスイオンを浴びてきました 2016.5.28

この日は飛騨方面に登山の予定でしたが、車を走らせた途端、ポツリと一瞬だけ雨が

・・・これは、滝日和に違いない

悩みながら運転して、急遽、長野県南木曾町の田立の滝に目的地を変更しました

 

最近、カメラ教室の課題で忙しいため

詳細説明は割愛しまする

ほぼ写真のみ

 

山の中は丸木、落ち葉、滝のしぶき、木の板などなど滑りやすい要素満載

谷側がかなり急斜面のところもありますので、くれぐれも靴選びは慎重に

滝があるのは結構上の方なので、登山の装備位が安心です

f:id:cheril3:20160529204519j:plain

ドラゴン

火をふきます

f:id:cheril3:20160529204920j:plain

f:id:cheril3:20160529204947j:plain

f:id:cheril3:20160529205019j:plain

震度3を体験できる吊り橋

f:id:cheril3:20160529205121j:plain

f:id:cheril3:20160529205237j:plain

f:id:cheril3:20160529205302j:plain

f:id:cheril3:20160529205317j:plain

昔使われていた吊り橋

f:id:cheril3:20160529205337j:plain

f:id:cheril3:20160529205357j:plain

f:id:cheril3:20160529205408j:plain

f:id:cheril3:20160529205431j:plain

f:id:cheril3:20160529205504j:plain

f:id:cheril3:20160529205517j:plain

f:id:cheril3:20160529205529j:plain

f:id:cheril3:20160529205549j:plain

f:id:cheril3:20160529205545j:plain

f:id:cheril3:20160529205606j:plain

f:id:cheril3:20160529205621j:plain

f:id:cheril3:20160529205629j:plain

f:id:cheril3:20160529205652j:plain

f:id:cheril3:20160529205658j:plain

f:id:cheril3:20160529205708j:plain

f:id:cheril3:20160529205716j:plain

f:id:cheril3:20160529205724j:plain

展望台からの素晴らしい景色(^O^)何も見えないよ~

f:id:cheril3:20160529205731j:plain

f:id:cheril3:20160529205729j:plain

 

養老の滝と新緑を楽しむプチドライブ 2016.5.14

f:id:cheril3:20160514193501j:plain

ウォーキングで運動不足を解消したいと思い、養老公園に行ってきました

 

駐車場に着いたとき、お財布に1000円しかない極貧状態ということに気づいたよ(ノД`)

いと、あはれ。自分

 

駐車場のおじさんに300円払う

非課税らしい。よかった(ΦωΦ)

大概のご想像通り、残り700円

お札ってなあに?信用貨幣は信用しない主義なのよ~( -.-)

 

ひょうたん?

f:id:cheril3:20160514193534j:plain

根っこ

f:id:cheril3:20160514193554j:plain

プチプチ

最近、被写体が不気味系

f:id:cheril3:20160514193614j:plain

今日の最高気温は27℃とか28℃

こんな景色なら涼しげ?

f:id:cheril3:20160514193624j:plain

f:id:cheril3:20160514193638j:plain

プチプチのネックレスを纏った木

f:id:cheril3:20160514193658j:plain

苔むすと岩も柔らかそうに見えるね~

f:id:cheril3:20160514204716j:plain

この日は日射しが強すぎてコントラストが強烈なことに

f:id:cheril3:20160515142901j:plain

f:id:cheril3:20160514193926j:plain

数日前に買ったばかりのカメラ

なんかピント合わないしヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

基本的なことも出来なくて四苦八苦

滝の音でAF音が聞こえない~

ピーとかプーとか言っておくれよ

MFで合わせれば良かった

f:id:cheril3:20160514193951j:plain

 

f:id:cheril3:20160514194022j:plain

 

 石畳のような川

f:id:cheril3:20160514194038j:plain

 

f:id:cheril3:20160514193713j:plain

f:id:cheril3:20160514194059j:plain

養老サイダー200円

今の私には贅沢品だね~

持ってきたウーロン茶でガマン

f:id:cheril3:20160514193720j:plain

通りがかりのカフェに入りたいけど、率直にお金がないさ~(o´∀`)b

f:id:cheril3:20160514193727j:plain

駐車場から養老の滝までは30分位の緩勾配ですが、三脚にカメラをセットして写真撮りながら歩くので、3時間以上ウロウ口…

 

まだまだ見残した場所があるのでした

 

また後日

 

先ずはカメラのトリセツ

岐阜のマチュピチュ? 天空の茶畑に行ってきました 2016.5.3

f:id:cheril3:20160503190328j:plain
先日、ネットで岐阜県揖斐川町の「天空の茶畑」なるものが紹介されていました

写真も掲載されていて、凄くキレイ
近いし行ってみよう!
でもGWだから混むかな?

と言う訳で朝5時に起きて(遊ぶ時だけ早起き)出発~
場所は岐阜県揖斐川町春日六合上ケ流地区
マップコード
35.475313,136.490399

自宅からは50分位でした

岐阜方面から来た場合
県道32をこの看板で右折して山道を10分位進みます
f:id:cheril3:20160503195618j:plain
山道は運転注意
f:id:cheril3:20160503195353j:plain
さらに右折して細い道に入っていくのですが、手前のスペースが駐車場かと思って停めてしまいました本当は少し先に小さな駐車場がありました

お気軽に行ったけど、結構山道を歩きます
最低限スニーカーで

第一村人改め旅人発見(帰りに撮影)
あ、第一号は自分だった
f:id:cheril3:20160503192820j:plain
新緑がとてもキレイ
f:id:cheril3:20160503192540j:plain
励ましのお言葉
ハイ。頑張りますよ
f:id:cheril3:20160503193534j:plain
ぷち登山の気分
どんどん進みたくなる
f:id:cheril3:20160503193652j:plain
頑張って歩くと、こんな絶景が
f:id:cheril3:20160503193856j:plain
f:id:cheril3:20160503194011j:plain
下山中にカルガモが…いるよ。山なのに…
ジロリと睨んでます
呆然と見ていたら、グェ~と下品に鳴いてビックリ
こっちがグェ~だよ
f:id:cheril3:20160503194250j:plain
f:id:cheril3:20160503194340j:plain
f:id:cheril3:20160503194600j:plain


近くの渓谷も見てきました
f:id:cheril3:20160503194731j:plain
f:id:cheril3:20160503194840j:plain
f:id:cheril3:20160503194944j:plain
f:id:cheril3:20160503195039j:plain
f:id:cheril3:20160503195234j:plain

近くに、かすがモリモリ村リフレッシュ館という施設があります
さすがに今日はOPEN時間前でしたが
薬膳料理、薬草風呂が楽しめるヘルシーな施設です
以前、薬膳ラーメンを食べたけどなかなか美味しかったですよ~

家に帰ってきたら、なんとまだ9時20分

そうして、再び眠りについたのであります
zzz

鷲ヶ岳登山 2016.4.30

 

f:id:cheril3:20160430221102j:plain

久しぶりの登山のためコースタイム短めをチョイスして、「鷲ヶ岳」に行ってきました

かなり悪路で岩も落ちている林道を駐車場まで行くのですが、エアロの底をこすりまくり。これ以上は大根おろし器のようになりそう

駐車場まで車で行くのは断念して林道途中から歩くことに

f:id:cheril3:20160430220507j:plain

1時間位余分に歩くけど、森林浴だし

f:id:cheril3:20160430220557j:plain

可憐なお花も

f:id:cheril3:20160430220708j:plain

透明な小川の流れも楽しみながら、テクテク歩きます

f:id:cheril3:20160430220728j:plain

駐車場に着いたけど車が1台もありません

え~こんなに不人気なの~?

 

気を取り直して再出発

 

山の新緑には早いけど、

苔とか

f:id:cheril3:20160430220822j:plain

f:id:cheril3:20160430220825j:plain

f:id:cheril3:20160430220936j:plain

謎の緑色植物も

f:id:cheril3:20160430220948j:plain

樹林帯の間の登山道は雨が降ると、川になりそうです

雨や雨の翌日はかなりぬかるむかと

f:id:cheril3:20160430221025j:plain

あ、白山が見える!

f:id:cheril3:20160430221058j:plain

鷲ヶ岳

f:id:cheril3:20160430221102j:plain

f:id:cheril3:20160430221118j:plain

f:id:cheril3:20160430221211j:plain

かなり登って来たのですが、一旦道路に出ました

マッタク キョウザメ ダゼ~

車で上がってくるルートがあるそうです

中央より少し右側の階段が登山道

ここを下ってきて振り返って撮影していますが、左の道路でも同じところに戻れます

階段が心許ない感じなので帰りは道路を通りました

f:id:cheril3:20160430221257j:plain

が、崩落箇所もあるので注意

通過するとき、パラパラと小石が落ちてきたので急いで逃げる!

クワバラ クワバラ

f:id:cheril3:20160430221302j:plain

f:id:cheril3:20160430221256j:plain

f:id:cheril3:20160430221308j:plain

道路から階段の登山道へ。終盤は階段続き

着きそうでつかない、出し惜しみピークまでは30分位かかります

f:id:cheril3:20160430221332j:plain

昨晩の気温が低かったので、染み出す水が氷柱になっていました

f:id:cheril3:20160430221341j:plain

人が少ない割に

頂上からの景観はとても贅沢です

f:id:cheril3:20160430221353j:plain

白山

f:id:cheril3:20160430221427j:plain

f:id:cheril3:20160430221434j:plain

御嶽

f:id:cheril3:20160430221547j:plain

f:id:cheril3:20160430221552j:plain

乗鞍

f:id:cheril3:20160430221634j:plain

f:id:cheril3:20160430221646j:plain

奥穂

f:id:cheril3:20160430221729j:plain

f:id:cheril3:20160430221816j:plain

風も穏やかで心地よい

のんびりお昼を食べて下山します

 

散弾銃の玉が落ちている

クワバラ クワバラ

f:id:cheril3:20160430221924j:plain

頂上で4人、帰りに数人の登山者が居ました

土曜日なのに人が少ないので、平日の単独は避けた方が良さそうです

 

帰りにミズバショウ群生地と紹介されていた湿原に寄るものの、時期が悪いのかイマイチ

遅すぎらしいです

 

周辺には観光地がたくさんあるので、登山+αがあります

 

かろうじて咲いていたミズバショウ

歌いたくなる?

f:id:cheril3:20160430221949j:plain

他の花を撮影

f:id:cheril3:20160430221959j:plain

葉桜一歩前

f:id:cheril3:20160430222019j:plain

f:id:cheril3:20160430222026j:plain

ひるがの高原の気温は15時で12℃位でした

岐阜に帰ってきたら、24℃

かなり涼しいので観光の際にはお気を付け下さい

 

翌日足がだるおも。本格的登山シーズンまでに体力をつけなければ~

 

愛犬 シェリルさんを羊毛フェルトで再現中

f:id:cheril3:20160429024159j:plain

羊毛フェルトで愛犬や愛猫をそっくりにオーダーメイドで作ってくれるデザイナーさんが居ると知って、早速調べてみると何年待ちとかお値段も10万20万とか驚愕の事実を突きつけられました?

図画工作、美術だけはイケてたし。ならば、自分でと思い立ち
早速道具を揃えて毎晩毎晩チクチクと創作しております
写真と残っている感覚を頼りに、ほぼ実物大

ベース
f:id:cheril3:20160429192703j:plain
f:id:cheril3:20160429192726j:plain

そうして植毛を続け、
f:id:cheril3:20160429194110j:plain
あれから40年(きみまる)

もう少しで完成です
f:id:cheril3:20160429192930j:plain
後ろ姿酷似
f:id:cheril3:20160429024246j:plain

寝不足の日々が続いております
頑張ってるよ~

猛省・・・とっさの出来事に冷静に対応できるか問われました

本来なら今日は誕生日でもあり給料日でもあるという実に麗しい一日なのですが、

余震なのか、別の地震が連動しているのか・・・熊本・大分の方を思うと浮かれてはおられず・・・

 

そんな中、薄給を引き出そうとスーパーに隣接するATMを操作しているとき、後ろで「ドン」という音が聞こえた

振り返ってみると、50代と思われる男性が倒れている・・・

思わず「ええっ!」と声を上げてしまった

側に数人居たけれど、全員呆然

・・・気絶している・・・よね?どうしよう?

「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」と声をかけるも反応なし

別の男性も寄ってきて「今、倒れたんだよね?」「そうみたいです。救急車呼びましょう」そんなやり取りをしていると、倒れていた男性の意識が回復しゆっくりと起き上がった

「大丈夫ですか?今、救急車呼びます」

何事が起こったのか分かっていない様子「・・・大丈夫です」そうして立ち上がった

別の男性が「立ち上がったらダメです。今すごい音だったよ。救急車呼ぶから」

「・・・いいです。もう大丈夫です」

 

程なく意識もしっかりした様子

「頭打っているかもしれないから念のため病院に行ったほうが良いですよ」と伝えて別れたが、一人で来ているよう。家族が居れば伝えたかったが見あたらなかった

 

今になって思うこと

自分は救命講習を受けている

あのまま意識が戻らなかったら、救急車を呼び、気道確保、AEDを誰かに頼み、呼吸がなければ胸骨圧迫、AED実施する役割だったはず

 

びっくりして頭が回らなかった

幸いすぐに意識が回復したから良かったけれど、冷静さを欠いた自分を猛省

 

この記録を残して来年の誕生日に再読することにした